歯科と無自覚からの歯周病

虫歯で歯科医院を訪れて、歯周病であることを知らされるケースはよくあります。無自覚から始まるのが歯周病であり、虫歯みたいに本人では気が付きにくいのです。


虫歯の痛みで歯科医院に駆け込むことはあっても、歯周病で歯医者へ駆け込むというのは、あまり聞かない話でしょう。
歯周病というのは歯肉やセメント質、歯槽骨や歯根膜などから構成されている、歯周組織に生じる病気のことです。


原因となるのは、歯のまわりの汚れで引き起こりやすくなります。

@niftyニュースのことなら、こちらをご参考にしてください。

汚れはそのままにすると、歯周組織に炎症を起こすことがあります。
そうなると、あっという間に組織を破壊することにもなるのです。



歯周病の始まりは、本人には全く自覚のないままにスタートします。

やっと本人に自覚症状が出た時には、かなり進行している状態です。

早期発見をすることが必要であり、そのためにも歯科での定期検診は役に立ちます。

歯周病のスタートは、歯磨きの磨き残しがキッカケになります。

渋谷のインプラント関連情報サイトです。

ですが、毎日歯磨きをしていても、歯の磨き残しはあるものです。
歯並びが良い場合でも磨き残しがあるので合うから、歯並びが悪ければ余計にリスクは高まります。


ブラッシングで磨き残しがあり、そのまま蓄積された食物残渣は、だんだんと固くなっていって、しまいには歯垢になります。

歯垢になってしまうと、歯ブラシでのブラッシングでは除去できなくなります。

そして歯垢が引き起こしてしまうのが、歯周炎や歯肉炎の症状なのです。